遠隔診療なら患者さんの負担も軽減できる【機能も豊富】

ミーティング

注目の次世代医療システム

遠隔診療とは、近くに病院がなかったり、忙しいなどで通院できない人が、インターネットなどを通して診療が受けられる次世代の医療システムとして注目されています。都合の良い時間にスマートフォンやパソコンから予約するため、待ち時間もなくスムーズに診療が受けられます。必要な場合は処方箋も配達されるため、家にいながらすべてが完了するシステムです。

PC操作

導入する際の注意点

遠隔診療は、触診ができなかったり、画面を通してしか患者さんの状態を見ることが出来なかったりと、症状を見落とす可能性も否めません。また、インターネット上でデータを通信するため、個人情報が漏れる危険性もあります。保険診療における医療報酬に関しても、算定されない項目が多いため、報酬が減ってしまう可能性があります。しかし、通院が難しい人にとっては助かるシステムなのは確かです。

会議

サービスを比較検討しよう

遠隔診療を始めるには、システムを導入しなければなりませんが、受けられるサービスはそれぞれ異なります。処方箋や薬の配送サービスがあったり、スマートフォンだけでなくパソコンからも利用できるなど、患者にニーズの高いサービスを行っているシステムを導入するのが賢明です。初期費用や月額費も、じっくり比較するのが良いでしょう。

遠隔診療のニーズが高いシチュエーションランキング

パソコン操作
no.1

離島やへき地での医療

病院のない離島やへき地において、病気になるのは死活問題です。そのため、遠隔診療の恩恵を最も受けられるシチュエーションです。

no.2

生活習慣病の予防

大きな症状が出るまで通院しない人が、軽い症状のうちから気軽に診察を受けられ、重大な症状が出る前に食い止められる可能性が高まります。

no.3

忙しくて病院に行く暇がない

オンラインで予約すると待ち時間なしで診察が受けられるので、わざわざ仕事を休むことなく病気を治すことができます。

no.4

慢性疾患の通院率を向上

痛みがあり通院するのが難しい場合も、家にいながら診察が受けられるため通院率を上げ症状を改善できます。

no.5

介護や育児

介護中や育児中の人に医療のアクセスポイントを増やし、介護者や育児中の母親の負担を減らすことができます。

今後の課題について

遠隔診療は離島やへき地の医療だという世間の概念を変え、より身近なものとして定着させることが、今後の発展に繋がります。

担当者必見!経営戦略に役立つ情報をチェック!

オフィス

利便性の高いでんさい

全銀行参加型の広いネットワークで、直接入金となるため便利です。そのため、まだこのシステムを導入していない企業は検討してみましょう。

More Detail
会社

業務効率化できるシステム

CRMは、サービス業や製造業など様々な業界で導入され、社内情報の共有やマーケティング、分析などに利用されています。業務がはかどると社員も嬉しく感じるため、便利なシステムについては知っておくべきです。

More Detail

セキュリティ対策が肝心!

遠隔診療を取り入れるにしても、個人の健康情報を扱っているため、セキュリティの強化は必須です。患者のプライバシーにかかわることですから、セキュリティ対策はよく考えておきましょう。

疑問・質問にズバッとお答えします!

女性

保険適用内で遠隔診療ができるの?

はい、可能です。しかし、保険診療内での遠隔診療には決められた条件があります。その条件を守って診療しないといけませんから、注意が必要な場合もでてきます。

遠隔診療に適している診療科は?

精神疾患や皮膚疾患、ED治療、禁煙外来のほか、生活習慣病やアレルギー疾患に適しています。

処方箋はどのように発行するのか?

遠隔診療は、受診後に処方箋を患者に郵送するシステムとなっています。

どのようにして導入するのか?

遠隔診療システムを運営する会社と契約して、システムを導入します。

遠隔診療システムにはどんな機能があるのか?

予約、診察、決済、配送のすべての工程がシステム上で行えるようになっています。

[PR]
マークシートを会社で使おう
導入前にメリットをcheck☆