>注目記事>CRMシステムを活用して顧客満足度アップを狙おう!

顧客管理の問題点を解消するために

各部門の情報が一元化され、更新情報も誰もが自由に参照できるようになります。

CRMシステムを取り入れるor取り入れない

顧客情報を可視化できる

CRMシステムを取り入れると顧客情報を可視化し、ビジネスに活用できます。

情報量と分析能力に違い

CRMと一般的な顧客データベースには情報の蓄積量に違いがあり、分析力に差が出ます。

優れた機能が満載!

顧客情報管理はもちろんのこと、人脈管理、社内の情報共有、マーケティングや分析など、様々な優れた機能を享受することが可能です。

CRMシステムを導入している業界5選

男女

情報・通信業界

作業の効率化や残業の削減、受注率のアップなどに利用できます。

サービス業界

社内で情報やノウハウを共有し、顧客満足度のアップに繋げられます。

卸売・小売業

データを活用して営業に役立てたり、受注率の向上に役立てられます。

コールセンター

最適なオペレーターに繋いだり、コール数をリアルタイムで監視できます。

レジャー業界

利用の目的や年齢、性別の分布などを把握し、マーケティングに活かせます。

CRMシステムを活用して顧客満足度アップを狙おう!

会社

従来の管理方法との違い

従来の管理法では、顧客情報は担当者が管理していましたが、CRMでは瞬時に社内で共有できるため、部署や部門ごとで分けられるのではなく、会社全体が一つのチームとして活動できるようになります。営業データをすぐにマーケティングに活かすことができます。

PC操作

顧客満足度アップに貢献できる

以前、顧客とどのようなやり取りがあったのかをCRMシステムにより全て把握できるため、担当者がいなくても適切な対応が可能になります。すべての部署において連携したアプローチができるので、顧客に煩わしさを感じさせず、顧客満足度アップにつながります。

自社のニーズに合ったCRMシステムで業績を伸ばそう!

CRMには、営業支援向け、コンタクトセンター向け、マーケティング支援向けなど色々な種類があります。自社に必要な機能は何であるのかをしっかり把握し、ニーズに合ったCRMシステムを導入するのが、業績を伸ばすカギとなります。

広告募集中