>レポート>利便性の高いマークシート《上手に取り入れるヒント》

利便性の高いマークシート《上手に取り入れるヒント》

男女

業務の効率向上の注意点

アンケートの集計や試験の採点作業など、マークシートを導入することで業務効率が劇的に上がることが良くあります。ただし、自社ですべてを作成しようとすると用紙の作成や機材の購入をしたり、システムの開発をしたりするなど莫大なコストと時間と人件費が必要となります。そこで、マークシート作成専門に行う会社へ委託することを検討すべきです。用紙の作成からデータの集計、システムの開発までセットで提案してくれ、実行してくれます。メーカーが業務目的に適した解答用紙を販売しています。それらを選ぶにも専門知識が必要となるので、専門業者へ洗濯を依頼します。また、マークシートを読み取るには精度の高い読み取り機が必要になります。その選択も同時に依頼すべきです。集計作業を行うソフトも必要になります。専門業者にソフト開発も委託することができます。それぞれの工程を個別に委託することや工程をすべて委託することも有効な手段になります。

会社

汎用品を使って効率向上

マークシートを導入して試験の採点やアンケート集計などの業務を効率化させることができます。自社でその作業をシステム化する時に、マークシートについて知るべきことがあります。マークシート解答用紙は各メーカーで試験の解答用紙やアンケート集計用紙など目的別に合わせた物を販売しています。これらの汎用品の中から業務別で適した用紙や回答項目の選択肢の数。手持ちの読み取り機械と相性の良い用紙を選ぶ必要があります。また、読み取りの機械はパソコンがなくてもデータ集計が可能なのか、それとも専用の機器が別途必要になるのかなど確認すべきです。そこの確認が漏れることになると、余分なコストがかかることになるからです。また、データ集計をするためのソフトの必要の有無も調査すべきです。以上の3点に注意すべきことになります。

広告募集中