>レポート>顧客管理をまだしてないの?質があがるという噂でもちきりのアイテム

顧客管理をまだしてないの?質があがるという噂でもちきりのアイテム

パソコン操作

営業はターゲットを明確に

営業を行う場合は自社の強みや弱みを把握し、資金や人員を用意し、顧客へ宣伝をする必要があります。しかし、自社の営業を求める層が明確になっていなければ効果的な営業はできません。また、自社製品の改善すべき点や営業の効果を判定し、次回の営業内容にフィードバックする必要性があります。それらを実行するには日常的に顧客管理を行う必要があります。顧客管理とは、顧客の属性情報の収集やクリーニングを行います。それに加えて自社製品を購入した顧客の情報をファイリングや、その顧客が自社製品を活用して好評だったか不評だったかの情報を収集します。最後には製品へ要望なども付け加えます。それらをもって、営業を行う顧客像を明確化し、資金を効果的に投入することが可能になります。

男性

目的にあったソフトを導入

販売促進活動を成功させるには顧客管理を行うことが必須になっています。新規顧客を獲得するためのコストが高くなっています。マス広告を出しても効果的な反応が得られなくなっています。新聞やテレビの視聴よりインターネットで情報を獲得する人が増えている環境ではマス広告の効果は下がる一方です。対してインターネットは個人が自分の好みで情報を取捨選択するため、従来通りのマス広告の手法は通用しなくなっています。となると、既存顧客の属性や商品に対する要望、自社に対する意見やクレームなどをデータベース化し、ターゲットの顧客層を明確化する必要があります。個別のターゲットに販売促進活動を行わなければ成果を上げにくくなっています。しかし、データベース化は手作業では時間と人員とコストを浪費します。そのためには、目的に沿った顧客管理ソフトを使います。それを使えば効果的な販売促進活動ができます。

広告募集中